帰化申請、永住許可、在留資格認定証明書交付、資格外活動の許可、再入国の許可、就労資格証明書の交付等の外国人のビザ手続きなら申請取次行政書士へお任せ下さい!

帰化申請全国マップ » 帰化申請手続きの基礎知識 » 在日韓国人の帰化許可要件

帰化申請手続きの基礎知識

在日韓国人の帰化許可要件

素行要件

素行が善良であることが必要です。判断基準には以下のようなものがあります。

  • 犯罪、前科について

    犯罪歴(前科)があった場合、内容や、どのくらい年月がたっているのかなど。昔に傷害や窃盗で逮捕された程度の犯罪暦ですと、ほとんどの場合大丈夫のようです。

  • 交通事故・交通違反について

    飲酒運転や、人身事故は要注意。軽微なものであれば、それほど神経質になる必要は無いでしょう。

  • 税金の滞納状況
  • 社会に迷惑をかけるような行為をしていないか

不許可事由になりそうなことが過去にあったからといって、絶対不許可になるというものではありません。

生計要件

帰化申請者自身または、生計を一にする配偶者その他の親族によって生計を営むことが出来なければなりません。
ここで言う「生計を営む」とは、最低限生活が出来るレベルであれば問題ありません。

また、申請者自身が収入が無くても同居の家族が十分扶養してもらえる環境であれば要件を満たすことになります。生活保護など日本という国に頼らずに生活していれば大丈夫です。

また「生計を一にする」とは、同居していなくても親から仕送りを受けて生活しているような学生も含まれます。(条件により緩和あり)

以下該当の方は、要件が緩和されます。

要件緩和とは?・・・要件を満たさなくても帰化できるということ

住居要件の緩和対象者

  • 日本人の子(養子を除く)で、引き続き3年以上日本に住所又は居所を有する人
  • 日本で生まれた人で、3年以上日本に住所又は居所を有し父母(養父母除く)が日本生まれの人
  • 引き続き10年以上日本に居所を有する人

住居要件、能力要件の緩和対象者

  • 日本人の配偶者(夫又は妻)である外国人で、3年以上日本に住所又は居所を有し、現在も日本に住所を有している人
  • 日本人の配偶者(夫又は妻)である外国人で、婚姻の日から3年を経過し、引き続き1年以上日本に住所を有している人

住居要件、能力要件、生計要件の緩和対象者

  • 日本人の子(養子を除く)で日本に住所を有する人
  • 日本人の養子で引き続き一年以上日本に住所を有し、縁組のときに本国で未成年だった人
  • 元日本人で日本に住所を有する人
  • 日本生まれで出生の時から無国籍で引き続き3年以上日本に住所を有する人

コンテンツ提供専門家紹介

上記コンテンツは下記の専門家の先生にご提供していただきました。

榊原行政書士事務所

 榊原行政書士事務所

在日韓国・朝鮮籍の方の帰化申請専門!申請実績多数。
着手~申請まで最短1ヶ月のスピード申請可能!

在日韓国・朝鮮籍の方の手続き専門!許可取得率100%!(平成21年7月現在)その他、永住権取得、在留資格取得など外国人手続きはお任せください。

「帰化したいけど、平日は仕事で・・・」「過去に交通違反が何度かあるのが不安で・・・」「自分でやり始めたもののやっぱりサポートが欲しい」「予算が足りない。出来ることは自分でやりたい」などなど。フルサポートから、部分サポートまで、お客様の状況に合わせた細かなサービスと料金見積もり、そしてスピード申請が最大のウリです。現状では申請が難しいと不安な方や、早い申請をご希望の方はお問い合わせください。お力になります。

  • HPあり
  • 特典あり
  • お客様の声あり
代表者 榊原 靖 第06300268号
所在地 〒670-0944 兵庫県姫路市阿保甲216-1
営業時間 平日9:00~19:00 土日祝のご相談は予約制です。
榊原行政書士事務所の詳細へ

スポンサードリンク


帰化申請・在留資格申請マップサービス案内


専門家PICKUP

長谷川行政書士事務所

長谷川 隆
長谷川行政書士事務所
(千代田区)

長谷川行政書士事務所の詳細を見る


帰化申請・在留資格申請の専門家の皆様へ

帰化申請全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク